閉じる

境内のご案内 INSIDE MAP OF THE TEMPLE

>> English

時雨亭跡の画像

時雨亭跡

定家山荘の場所については、諸説ありますが、常寂光寺の仁王門北側から二尊院の南側に有ったと伝へられています。 この場所には、室町時代頃から定家卿の御神像を祀る祠が有りましたが、常寂光寺を創建する時に、定家卿の祠よりも上に寺の庫裏を建てるのは恐れ多いと現在の場所に遷座されました。 明治時代までは、小さな祠でしたが、明治23年に現在の大きさの建物に改築され、歌遷祠と呼ばれるようになりました。 歌遷祠の扁額は、富岡鐡齋の作。南隣に位置する時雨亭跡は、戦前までは庵室が建っていましたが、台風により倒壊してしまい、その後再建出来ず現在に至ります。 この庵室は、いつごろ建てられたか不明ですが、当山の古文書「双樹院日勝聖人傅」(1728年)の境内図には、この位置に庵が描かれています。又、「都名所図会」(1780年発行)にも庵が図示されていることから、江戸時代中期には建てられていたことが分かります。

  • 常寂光寺 Jojakko-ji Temple
  • 常寂光寺の印象
  • 山門 Main Gate
  • 仁王門 Niomon Gate
  • 妙見菩薩 Myoken Bodhisattva
  • 本堂 Main Hall
  • 多宝塔 Tahoto Pagoda
  • 時雨亭跡 Old Shigure-tei Site
>>> next