閉じる

境内のご案内 INSIDE MAP OF THE TEMPLE

>> English

山門の画像

山門

山門

太い角材を格子に組んで造られた山門は、江戸後期に作り変えられたもので、江戸中期出版の「都名所図会」には、袖に土塀をめぐらした薬医門が図示されています。

閉門しても墨色に塗られた角柱の格子の間から参道が見える開放的な山門です。

開山

開山は究竟院日禛上人、字は尊覚と号す。権大納言広橋国光の息男として永禄四年 (1561) 京都に生まれた。幼少にして京都六条堀川の大本山本圀寺第十五世日栖上人に師事し、わずか十八歳にして同寺第十六世の法灯を嗣いた。宗学と歌道への造詣が深く、加藤清正、三好吉房、小出秀政、小早川秀秋、瑞竜院日秀 (秀吉の実姉)、その他京都町衆の帰依者も多数であった。

文禄四年 (1595)、豊臣秀吉が建立した東山方広寺大仏殿の千僧供養への出仕・不出仕をめぐって、京都の本山が二派に分裂したとき、上人は、不受不施の宗制を守って、出仕に応ぜず、やがて本圀寺を出て小倉山の地に隠栖し、常寂光寺を開創した。当地を隠栖地にえらんだのは、古くから歌枕の名勝として名高く、俊成、定家、西行などのゆかりの地であったからと思われる。当時、小倉山一帯の土地は、高瀬川開削で名高い角倉一族の所有であった。日禛上人は角倉了以の従兄である栄可から寺の敷地の寄進を受けている。

慶長十一年 (1606)、了以が丹波の物産を京都に運ぶため、丹波世木村から嵯峨に至る大堰川の浚鑿工事を行なうに、上人もまたこれに尽力を惜しまなかった。当時、上人の大檀那に備前伊部の瀬戸内水軍の旗頭である来住一族があった。上人からの依頼により来住氏配下の船頭が備前から召集され、了以の指揮に従ってその舟夫となり、丹波保津山本両村と世木村その他沿岸の諸村並に嵯峨の人々にも行舟の術を教へ、毎年開河期八月に来って翌年四月に帰国していた。当初は、寺を以てその期間の止宿所としていたが、後に角倉家の厚意にて天龍寺小字大雄寺の荒蕪地を開拓し、住居とした。現在の角倉町である。嵯峨の夏の風物となっている保津川下りの起こりである。

上人は元和三年 (1617) 八月二十二日、この地に五十七歳の生涯を終えられました。

常寂光寺と日法上人

一道院日法上人(1659~1719)は、身延山久遠寺第三十一世、京都立本寺第二十二世一圓院日脱上人の法嗣で、修法(御祈祷)を もって聞こえ、京都鴨川において一千日の荒行を厳修して洛内外の人々の信仰を集め、門前市をなすが如きであったという。 正徳二年(1712)堀川本蔵寺において霊元上皇の御悩平癒の御祈祷を修し、霊験あらたかとなり、大験者及び上人号の尊称をうけられました。以後本蔵寺は勅願所一道院と称されました。正徳五年(1715)に常寂光寺に入山(当山第十四世)、当山にも霊元上皇より多宝塔に「並尊閣」の勅額を賜わり、本堂には伏見常照院宮御筆蹟にて「御祈祷処」の扁額を賜わりました。日法上人は享保四年(1720)に当山でご遷化されたと伝えられていますが、その墓が一道院にも常寂光寺にも見当たらないことを憂いて本立寺御院首野口泰信僧正と野口政子夫人のご芳志により開山堂の建立と日法上人墓建立となりました。 本立寺の開山は、究竟院日禛上人で、開基は小笠原秀政公の生母、延壽院です。又、一道院は、野口泰信僧正の御父上がご住職をされていましたが、昭和二十年強制疎開にあい全建物を取り壊され寺域は幹線道路敷地として強制買い上げとなり再建困難となられました。以来、一道院の御本尊、什宝の一切が本立寺に移され格護されてこられました。

  • 常寂光寺 Jojakko-ji Temple
  • 常寂光寺の印象
  • 山門 Main Gate
  • 仁王門 Niomon Gate
  • 妙見菩薩 Myoken Bodhisattva
  • 本堂 Main Hall
  • 多宝塔 Tahoto Pagoda
  • 時雨亭跡 Old Shigure-tei Site
>>> next