閉じる

境内のご案内 INSIDE MAP OF THE TEMPLE

>> English

常寂光寺

常寂光寺

慶長年間(1596〜1614)に大本山本圀寺第16世究竟院日禛上人により開創。本堂は慶長年間に小早川秀秋公の助力を得て、伏見桃山城客殿を移築し造営する。仁王門は、元和二年(1616)に大本山本圀寺客殿の南門(貞和年間の建立)を移築、仁王像は運慶作と伝えられる。什物に高倉天皇より小督局に下賜された車琴がある。これは小早川秀秋公より当山に納付されたものである。(非公開)

小倉山

平安時代より嵯峨野の地は、皇族や貴族の離宮、山荘をかまえる景勝地として有名であった。特に小倉山、亀岡、嵐山の山麓は、後嵯峨上皇の亀山殿、兼明親王の雄倉殿、藤原定家の小倉山荘の他、八条院高倉、待賢門院の中納言局、藤原公雄、藤原光経、飛鳥井雅有、覚性法親王や西行法師、涌蓮、向井去来など公家や歌人が好んで別荘や菴を構えた地域です。 後嵯峨上皇が吉野の桜を嵐山に移植してより、嵐山は桜の名所、小倉山は紅葉と鹿の名所として親しまれてきました。

小倉山山腹に位置する常寂光寺境内には、藤原定家の小倉山荘跡と伝えられる場所が仁王門北側に有ります。又、後世に復元された山荘の基礎石跡が多宝塔の西南上方に有り、現在は時雨亭跡の石碑が建てられています。

明治時代頃までは、多宝塔の北側の墓地に前中書兼明親王の墓碑が存在しました。多宝塔の西側には、木下長嘯子の歌塚が有り、歌人としても有名であった日禛上人との交流が偲ばれます。

七重八重花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞかなしき(後拾遺和歌集1154) 兼明親王
牡鹿なく小倉の山の裾近みただひとりすむわが心かな(山家集、上、秋歌) 西行法師
わか庵は小倉の山の近ければ浮き世を鹿と鳴かぬ日ぞなき(新勅撰集、五、秋歌下) 八条院高倉
山里はみな冬がれて小男鹿の音にぞ僅かに秋は残れる(出観集、秋歌) 覚性法親王
忍ばれむものともなしに小倉山軒端の松ぞ馴れて久しき(拾遺愚草2082) 藤原定家

全体マップ (jpgファイル)

  • 常寂光寺 Jojakko-ji Temple
  • 常寂光寺の印象
  • 山門 Main Gate
  • 仁王門 Niomon Gate
  • 妙見菩薩 Myoken Bodhisattva
  • 本堂 Main Hall
  • 多宝塔 Tahoto Pagoda
  • 時雨亭跡 Old Shigure-tei Site
>>> next